診療技術部 臨床検査

臨床検査には大きく2つの分野があり、血液や尿、便、細胞などを調べる「検体検査」と直接人体に電極等を装着して検査する心電図検査やエコー検査(超音波検査)などの「生理検査」があります。

医師の判断・指示により種々の検査を行い、病気の予防や診断・治療等に役立てることが最大の目的です。

当院の臨床検査部は、5名(男性1名、女性4名)の臨床検査技師を配置し、業務にあたっています。

検体検査は、検査センターと連携し、直結する伝送システムを構築し、毎日迅速で正確なデータ提供をしています。

当院では生理検査部門に力を入れており、また、日進月歩の医療界において質の高い検査を行うためにも、学会や各種セミナーなどに積極的に参加しています。さらに専門知識を高めるため、超音波検査士の資格を取得しています。


当院で行っている検査

  • 超音波検査(腹部・乳腺・甲状腺・頚動脈・前立腺・心臓)
  • 心電図検査(安静時心電図・負荷心電図・ホルター心電図)
  • 眼底検査
  • 眼圧検査
  • 聴力検査
  • 肺機能検査
  • 骨密度検査

関連リンク